HOME > カッティングマットとは? > カッティングマットについてQ&A

カッティングマットについてQ&A

Q.カッティングマットの素材は何ですか?
A.当社で主に使用する素材は塩化ビニール、オレフィン系樹脂になります。
Q.カッティングマットが貫通しないのはなぜですか?
A.マットの中央層に硬い硬質塩化ビニールまたは、硬質オレフィン系樹脂を使用しているため。
Q.グリーン購入法に適合したカッティングマットはありますか?
A.ございます。
Q.方眼罫は印刷されていますか?
A.すべての既製品に印刷されています。裏面は無地になります。
方眼罫に加え、R曲線、メジャー、分度器などが印刷されたタイプもございます。
Q.耐熱性はありますか?
A.材質に塩化ビニールを使用しているカッティングマットの耐熱温度は60-80℃になります。
そのため、高温のものを置くと変形の恐れがございます。
材質にオレフィン系樹脂を使用しているカッティングマットの耐熱温度は100-120℃になります。
Q.カッティングマットの上に、熱いものを置いてしまい変形してしまいました。元に戻す方法はありますか?
A.カッティングマットに使用される塩化ビニールの耐熱温度は60-80℃になります。
そのため熱により樹脂が変形した場合は元に戻す方法はございません。
Q.カッティングマットが貫通してしまうことはありますか?
A.基本的にマット本体の中央層に硬質素材を挟んでおりその部分が刃先を受け止め貫通を防ぎますが、
強力な力でカットする場合は貫通する恐れがございます。
Q.両面使えますか?
A.両面使用可能です。
Q.サイズオーダーは可能ですか?
A.可能です。 基本的には表面の方眼罫などの印刷はなしになります。
ご希望の場合は応相談となります。
Q.サイズオーダーはどこまでできますか?
A.最大2000X1000㎜。マット厚3㎜。カラーはグリーンまたは乳白色。その他のさまざまなオーダー承ります。
Q.透写台の上で使用できる透過性のあるカッティングマットはありますか?
A.ございます。乳白色タイプのマットは光を透過します。
Q.マット上の切跡が目立たないのはなぜですか?
A.表面素材に使用する塩化ビニールの特性である「収縮」によるものです。
切った跡が収縮、閉じることにより切跡が目立ちにくくなります。
当社では収縮度の大きいバージン素材を使用し、最適な粘度、硬度で製造されたシートを表裏に使用。
傷跡が目立ちにくくなるほか、切り心地、刃当たりの良い仕様に仕上げております。
また、表面にドットや石目模様の印刷もより切跡が目立ちにくくなる効果があります。
Q.ロータリーカッターは使用できますか?
A.使用できます。

カッティングマットの特長

活用シーン

カッティングマットについてQ&A

製品のご依頼、お問い合わせ

製品のご依頼、ご質問等は
お気軽にお問い合わせください。